13年連続・治療院評価、口コミ1位|カイロプラクティック、マッサージ、病院、整体をセンター南でお探しの方へ

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間 9:00 ~ 19:30
休診日 年末年始、お盆休み

慢性腰痛、坐骨神経痛

症状と原因

慢性腰痛
原因は様々ありますが、近年は長時間のデスクワーク、同じ作業の継続、疲労の蓄積、ストレスなどにより姿勢が崩れ、腰部や骨盤の歪みを作り出し継続的に腰椎神経圧迫を作ってしまっているケースが多くなりがち。

腰椎、骨盤の歪みによる腰椎神経圧迫。
股関節の硬さ柔軟性の低下による可動性亢進。
経年の腰部神経圧迫による腰部周辺筋肉の萎縮。
血行不良、機能低下、運動不足による腰部不良。

慢性腰痛の特徴は重くズーンとした痛み、同じ姿勢を続けるのが苦痛、お風呂など温めると楽になるマッサージを受けても数日で痛みが戻ってしまう。
など痛みの感じ方は多種あります。

慢性腰痛に対するカイロプラクティックケア
骨格の歪みを見つけ出し、動きの悪くなった関節の可動を正し萎縮している筋肉を緩和し正常な状態へ機能回復。

その後、ご自宅のストレッチなどセルフケアを一緒にしていただき、ご自身の持つ自然治癒力を上げることにより、より正しい状態を保てる身体へ変えるよう施術していきます。

 

坐骨神経痛
下部腰椎神経圧迫、骨盤のズレ、臀部、腰部の筋肉の過緊張による神経圧迫が原因になることが多い。

症状は腰、臀部、ハムストリングス、大腿四頭筋、腓腹筋、前脛骨筋、足先にしびれや痛み、熱感を引き起こす。

正座をした後のようなしびれ(ピリピリ、チリチリ)が続き、歩行の辛さや安静にしていてもお尻や足が激しく痛んで眠れないこともある。  

腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症と併発することもある。

症状はしびれ、痛みが末端に行く症状ほど悪化し強いものになります。

症例実例

腰痛に対する カイロプラクティックの有効性2021.06.30

こんにちは、倉知です。

日々臨床を行っていると、
カイロプラクティックケアを
受けるようになってから
腰痛を感じることが少なくなった
というありがたいお言葉をいただく
ことが多々あります。

みなさんのご質問にお答えするために
今回はそのメカニズムについて
ご説明いたします。

・神経系に対してアプローチが可能。

カイロプラクティックが他の代替医療に比べ
腰痛に対して優れた効果を発揮できるのは
筋肉や骨格だけではなく神経系に対して
アプローチ行うため、コリや痛みという
結果だけではなく、痛みが起きている
原因に着目できるからです。

いわゆるマッサージなどでは
筋肉を揉むことで凝り固まった筋肉をほぐす

滞っていた老廃物や血液が流れる

痛みやコリ感を和らげる。

確かに、これにより一時的に痛みから
解放されることがありますが、
筋肉が硬くなってしまった原因である
サブラクセーション(関節機能障害)に
アプローチしていないため
マッサージを受けてもすぐ戻ってしまう
という結果に繋がりがち。

腰痛の解決策として重要なことは関節と筋肉
そして神経系の機能を回復させることであり
それを行い初めて結果だけでなく
原因に対してもアプローチ出来たと
言えるのです。

・神経系への働きが腰痛に効果がある理由

私たちには、自らの力で身体の不具合を
調整する「自己治癒力」が備わっており、
この自己治癒力を最大限発揮するためには、
身体のあらゆる動きを調整している
神経系の働きが正しく機能して初めて
最大限に発揮されます。

カイロプラクティックケアでは、
この自己治癒力の向上を目指し
それを阻害しているサブラクセーション
を取り除く根本的な施術を行います。

腰痛を根本的に解決したいと
考えている方はどうぞご相談ください。

関連する記事

とても重要なセルフドクター
https://sakuchiro.com/archives/1232

カイロプラクティックの有効性と腰痛
https://sakuchiro.com/archives/1259

何回ぐらい通うと良いのか?
https://sakuchiro.com/archives/1265

腰痛に対する科学的な研究報告とカイロプラクティックの有効性2021.05.09

◎ 腰痛に対する科学的な研究報告

腰痛は多くの人が直面する最も一般的な身体を
衰弱させる症状の1つです。

厚生労働省が行った国民生活基礎調査によると
日本人の4人に1人(2800万人)が腰痛に苦しみ悩み、
日本人の95%が生涯に一度は腰痛を経験するとの
調査報告がされました。



腰痛に対するカイロプラクティック・ケアの有効性は、
どの徒手療法よりも科学的な研究がアメリカ、
ヨーロッパ、オセアニア地域を中心に盛んです。



1994年(アメリカ)保健医療政策研究機構は
カイロプラクティックの脊椎に対する調整が腰痛
発症から早期に開始すれば急性腰痛の軽減に
極めて有用であると結論しています。



腰痛や脊椎の研究に進んでいるアメリカでは
脊椎専門研究誌「The Spine Journal」の論文に
整形外科、手術、薬、鍼灸、マッサージなど
多くの治療からカイロプラクティックを推奨。



2015年のアメリカ国立衛生研究所の報告には
アメリカ国民の約3,000万人がカイロプラクティックに
腰痛を軽減させるため受診し身体の評価および
治療をされています。

◎ カイロプラクターは腰痛に役立てられるか?

カイロプラクティック・ケアは世界49か国88カ所の
地域で法制化され、世界保健機関(WHO)が
認可する徒手療法であり、脊椎を中心とした
筋骨格系障害、神経系に及ぼす問題を解消する
プロフェッショナルが「カイロプラクター」です。



※但し、日本国内のカイロプラクターで国際基準
レベルの安全と臨床ケアが可能なのは800名程
しかいません。当院のカイロプラクターは日本に
数少ない、WHO国際基準カイロプラクターです。



腰痛、お身体の不調、神経系の症状など、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 
   
関連する記事(当院のホームページ)

腰痛に対する科学的な研究報告とカイロプラクティックの有効性

とても重要なセルフドクター

 
カイロプラクティックの有効性と腰痛

何回ぐらい通うと良いのか?

座り姿勢がもたらす背中への影響

姿勢の重要性、背伸びはキレイな背骨を保つ

   

症例報告 非特異的腰痛の一例 担当 倉知2020.09.02

今回の症例報告では、病院で検査しても
原因が分からない「非特異性腰痛」の方が
カイロプラクティックケアを受けたことで、
腰痛が改善した一例をご紹介します。



数年前から腰痛に悩み、レントゲンや
MRIによる検査行うも原因が分からないまま。
痛み止めと湿布による保存療法を続けるも
改善が見られないため当院へ来院。

初めに問診を行い一日の生活を確認すると、
仕事はデスクワーク中心で、体を動かすのは
家と職場の移動のみ。

最近では腰の痛みの影響もあり夜しっかりと
睡眠がとれていない日も多い状態でした。



次に神経学・整形学検査など
カイロプラクティックケアに必要な検査を
行った上で、背骨を中心に身体の状態を
確認していくと、特に気になる点として
背骨全体の可動性の悪さとそれに
伴っておこる不良姿勢でした。



というのも長時間のデスクワーク姿勢が
続くと背骨の可動性が低下するのと同時に
背骨の中にある脊髄神経が圧迫され、
神経機能が上手に働かない状態になります。



この方の場合は神経機能の低下が原因で
慢性的な腰痛となり、痛みで眠れない
または寝ても疲れが取れないという
悪循環まで起こっていたのです。

3d rendered illustration of the male nerve system



施術では、痛みそのものにアプローチ
するのではなく、神経機能を改善させ
その方が持っている自然治癒力が最大限
発揮出来るような状態を目指し、
カイロプラクティックケアを行いました。

またアドバイスとしてデスクワークでの
正しい姿勢と、仕事の合間にできる
簡単な背伸びストレッチも伝えました。

背伸びは都筑区の整体

3日後の2回目来院時には
以前よりしっかり眠れるようなった
と言われ、その影響で体の疲れや
腰の痛みが軽くなっていました。

1ヶ月の間に5回来院され腰痛は改善し
現在では、以前の状態に戻らないように
3週間に1度メンテナンスケアで来院
されています。



この方のように、病院では特に異常なしと
言われながらも腰痛で悩んでいる方は
多くいらっしゃいます。

同じような症状でお悩みの方は
ぜひご相談ください。

症例報告 右腰の痛み、下肢のしびれ2020.01.25

右腰の痛み、しびれ (30代女性)



◎来院者様の体調

20代の頃から腰痛持ちであったが、
1年ほど前から痛みが悪化し
右のお尻に痺れも感じるようになった。

ここ3ヶ月は痺れがお尻だけでなく
足先の方まで感じるように。

不安になり整形外科にてレントゲンを
撮ったところ、骨と骨の間隔が狭い
ところがあると言われ、牽引治療を行うが
変化みられなかった。

座骨神経痛 センター南 センター北

◎検査および施術

・腰は前後に動かした時痛みと痺れ感。
・SLRテスト行うと患側の痛みが強い。
・筋力検査にて、右側の中臀筋、
・右ハムストリングスの弱化。

問診と検査所見より、腰椎4番−5番間での
椎間板が薄くなり、神経を圧迫したために
腰の痛み、痺れが出ているものであると
推測することができた。

よって初回施術では腰部骨盤に対する調整と、
椎間板に対する負荷を少なくするため
下部胸椎に対するアプローチ行なう。



◎説明・アドバイス

2回目の来院時には、痛みは和らいでいるが、
痺れは続き、仕事中に辛さ感じることもあった。
そのため初回の施術内容に加え
右臀部筋に対してもアプローチ行なう。

3〜5回目まで週2回の間隔で施術行い
6回目の来院時には痺れはなくなり、
仕事も問題なく行える状態になった。

坐骨神経痛 都筑区

自分の身体をケアする重要性に気づき、
予防をしていきたいと現在は月に1回の
頻度で来院続けています。

関連する記事(当院のホームページ)
 
とても重要なセルフドクター
https://sakuchiro.com/archives/1232
  
 
カイロプラクティックの有効性と腰痛
https://sakuchiro.com/archives/1259
  
何回ぐらい通うと良いのか?
https://sakuchiro.com/archives/1265

冬場のぎっくり腰にご注意ください2020.01.07

こんにちは 倉知です。

今年もいよいよ冬本番となり、
布団から起き上がるのも辛い季節に
なりましたね。


また、忘年会や新年会なども多くなり
楽しみにしている方も多いのでは
ないでしょうか。

ただ、つい楽しいからと身体を酷使して
しまうことには気をつけてください。



特に年末年始のイベントによる疲れから
身体のだるさ、疲労感などの症状で
来院される方が多くいます。

その中でも一番多い症状が「ぎっくり腰」

理由として仕事が忙しくストレスを
感じることや、大掃除での掃除機、
雑巾掛けなどでの屈み姿勢により、
腰に過度の負担が加わり、
痛めてしまうことが多くなりがちです。



また、連休中は生活リズムを崩しやすく
普段感じないような痛み、辛さを感じ
させてしまうことも要因の一つです。



「少し体に違和感がある」と感じた時は
無理をせず、早めのケアを心がけて
どうぞご来院ください。

お困りの症状
脊椎と神経系機能の関わり
首、肩のこり 痛み
慢性腰痛、坐骨神経痛
ぎっくり腰(急性腰痛)
背中の痛み、だるさ
腕、手先のしびれ
妊娠中の体調管理、予防、産後のケア
自律神経系の不調
その他の症状