13年連続・治療院評価、口コミ1位|カイロプラクティック、マッサージ、病院、整体をセンター南でお探しの方へ

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間 9:00 ~ 19:30
休診日 年末年始、お盆休み

お知らせ

新型コロナウイルス感染防止のためのお願い2021.01.08

新型コロナウイルス感染防止のためのお願い

・ご来院の前、ご確認下さい。

2週間以内に海外から帰国された方、
発熱(37.1℃以上)やのどの痛み、せき、息切れ、
強いだるさ(倦怠感)などの風邪症状がある方は
受診前に、当院まで電話にてお問い合わせください。

濃厚接触者の方は、自宅待機期間経過後、
無症状状態の確認後、お問い合わせください。

・ご来院の際のお願い

全ての来院者様、施術中マスクの装着。
来院時に、非接触型体温計による検温。
アルコール消毒液で手指消毒もしくは薬用石鹸の手洗い。



 
申し訳ございませんが
37.1℃以上の場合は施術を
お断りさせて頂いております。



当院が行っている感染対策は、院内での患者様および
スタッフの感染を防ぐために行っております。

今後も状況に合わせ必要な感染対策を行ってまいります。
ご迷惑やご心配おかけして申し訳ございませんが、
何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防・拡大防止対策2021.01.04

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
感染予防および拡散防止対策の観点より
以下の対策を行っております。



・スタッフ全員の体温測定、体調管理
・常時マスクの着用(来院者様もお願いします)
・施術毎ごとの手洗い、消毒の徹底
・来院者の受付にて手指消毒を実施
・非接触型検温計にて来院時の体温測定



・ご予約の間隔を多く開ける
・玄関、窓は換気のため開けております。

下記事項は施術をお断りいたします。

来院時に非接触型検温器にて測定し
体温37.1°以上を確認した際

風邪症状、のどの痛み、咳、
いずれかを見受ける

2週間以内に海外の渡航歴がある

感染予防対策を徹底して施療を行っております。
身体の不具合、心身ストレス、体調管理など
どうぞご来院ください。



スタッフ一同、最良のケアができるように
院内環境に努めます。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。

年末・年始 休みのご案内2020.12.25

こんにちは。 受付です。

下記日程にて休診いたします。。

12月30日(水)〜1月4日(月)

年始は、1月5日(火)開始

作田 院長、倉知 先生
連休中もインターネット予約を
お受けしております。

よろしくお願いいたします。

ぎっくり腰になってしまった時には2020.12.08

突然、腰部に起こる激痛、「ぎっくり腰」
海外では「魔女の一撃」と呼ばれる
こともあります。
ぎっくり腰 センター南 センター北
「ぎっくり腰」の痛みは動けないほどの
激痛から、日常生活はできるが椅子から
立ち上がる、靴下を履くなど
突発動作が不憫なレベルまで様々。

1年の中でも、特に12月は「ぎっくり腰」の
多い時期。
もし強い痛みに襲われてしまったら
どのようにすれば良いかご参考ください。

1、強い痛みを感じた当日から2日間は温めない
(お風呂はシャワー、ホッカイロなどは避ける)

2、カイロプラクティック・ケアを受診すること
(ぎっくり腰になったら直ぐ連絡ください)

3、早期回復をするために「動くこと」
(現在の急性腰痛ガイドラインは下記を参照下さい)

動けないほどの腰痛は、1〜2日安静にすることが
あっても寝込んでしまうと予後の回復を遅らせます。
無理をしない程度に動いてみましょう。



ぎっくり腰は動くべきという根拠

フィンランド労働衛生研究所が行った研究では、
ぎっくり腰になった人へ「ベッド上で安静」に
するよう指示した場合と「できるだけ通常の
生活をする」ように指示した場合を比べると、
安静にした人は仕事に復帰するまでの期間が
倍近くかかるという研究結果が出ています。

日本の腰痛治療の指針となるガイドラインも
「安静は必ずしも有効な方法とはいえない」と
明記されています。
腰痛診療ガイドライン(2012 監修 日本整形
外科学会/日本腰痛学会)

なぜ?安静にし続けると回復が悪くなるの?

私たちは日常生活で歩いたり立ったりする
だけでも、重力に対して姿勢を保とうと
筋肉を働かせます。
寝込んでしまうと腰部を支える筋肉や
腰椎に動きがなく神経の伝達も
障害されます。また、血液の流れが悪くなる
ことによって炎症もとどまりやすくなります。

3d rendered illustration of the male nerve system



先ずは「立ち上がる、歩いてみる」という
ところから始めて、激痛にならない程度で
あれば「立った状態で背伸び、背中を
反らす、前に曲げる(前屈)」をしましょう。

体を動かすのが辛い場合は「股関節、膝、
上半身」を少しずつ可能な範囲で
動かしましょう。

強い腰の痛みを感じてしまった時には
どうぞご連絡下さい。