13年連続・治療院評価、口コミ1位|カイロプラクティック、マッサージ、病院、整体をセンター南でお探しの方へ

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間 9:00 ~ 19:30
休診日 年末年始、お盆休み

お知らせ

腰痛と向き合い腰痛を知ることが重要2021.08.20

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、
自覚症状のトップは「腰痛」。
男性が1位、女性は2位(女性の1位は肩こり)
人口比率としては国民の85%が腰痛の経験を持ち、
現在もしくは過去に腰痛が生活レベルを
低下させたことがあると回答しています。



腰痛の中でも病院で手術や治療が必要な腰痛は
1〜2割程度であり、それ以外の8割以上は
レントゲンやMRIなど画像診断で原因が
特定できない状態を「非特異的腰痛」となる。



◎ レントゲンやMRIで原因が分からない?

画像診断では原因が特定できない非特異的腰痛は
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など明らかな変性が
起こるのではなく、家事や育児など中腰になる生活環境、
同じ姿勢が続くデスクワーク、重たい荷物などによる
労働環境、痛みを感じる脳の働き、栄養、良質な睡眠、
ストレス、上記だけではなく複数の要因が重なり合う
ことによって腰痛を引き起こします。

腰痛は単純に思われがちですが、実はとても複雑であり
時として人生も左右しかねない国民病です。



◎ 腰痛の種類を知る

大きく分けると「急性腰痛」「慢性腰痛」の2種類。
急性腰痛は今までにない痛みを腰に感じて
当日から1ヶ月までの状態
慢性腰痛は数ヶ月から何年も腰の痛みや
不具合を感じている状態。

座骨神経痛 センター南 センター北

よく聞くことがある「ぎっくり腰」は「急性腰痛」に分類
されますが、病理的な診断名ではありません。
急な腰の痛みで動けない、動作に制限があるなどの
姿から「ぎっくり腰」と言われるようになったようです。

腰痛へのアプローチする際は急性腰痛と慢性腰痛
(非特異的腰痛)を適切に見分けることが重要。



そして腰痛から脱却するカイロプラクティック・ケアと
同時に再発防止の生活改善やセルフケア(運動、
ストレッチなど)、ストレス要素の軽減、腰痛への
正しい知識を得ることが非特異的腰痛を改善する
道筋となるのです。

【重要】ご来院の患者様へのお願い(新型コロナウイルス感染防止対策)2021.08.08

【重要】ご来院の患者様へのお願い(新型コロナウイルス感染防止対策)

下記項目へ該当される方は、来院を見合わせてください。

37.1度 以上の体温(発熱)
せき、息切れ、のどの痛み
2週間以内に風邪症状があった

受診前に、当院まで電話にてお問い合わせください。

濃厚接触者の方は、自宅待機期間経過後、
無症状状態の確認後、お問い合わせください。

・ご来院の際のお願い

全ての来院者様、施術中マスクの装着。
来院時に、非接触型体温計による検温。
アルコール消毒液で手指消毒もしくは薬用石鹸の手洗い。



 
申し訳ございませんが
37.1℃以上の場合は施術を
お断りさせて頂いております。



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防・拡大防止対策
当院は「カイロプラクティックオフィスにおける
新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン
」を遵守し、
上記の手順を徹底しています。

今後も状況に合わせ必要な感染対策を行ってまいります。
ご迷惑やご心配おかけして申し訳ございませんが、
何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


重力とカイロプラクティック2021.07.16

〜 重力とは 〜

普段、重力を意識して生きている方は
どれだけいるでしょうか。

地球上で生活する以上、存在している
はずの重力ですが、普段気にすることは
ほとんどありません。

一体なぜなのか。

それは人間の体には生理学的に「順応」
というシステムが存在するため。

例えば、ポケットに財布を入れた時、
最初は肌に当たる感じがあるが、

時間が経つにつれ、皮膚に「順応」が起きて、
入っていることを忘れてしまいます。

重力に対してもこの「順応」と呼ばれる
反応が起きているため、普段気づくことが
できないのです。

重力の存在に気が付くためには
それこそ、無重力の宇宙にでも
行かなければいけないでしょう。

宇宙飛行士が地球に帰ってくると、
重力の影響で最初は歩くことも大変
なことは皆さんもご存知だと思います。

〜 重力とカイロプラクティック関係 〜

カイロプラクティックケアに置いて、
重力を考慮に入れることは重要です。

背骨は24個の骨に後頭骨と土台となる
仙骨で構成され、その中には、
脊髄神経と言われる根幹が存在し、
身体をコントロールしている。

多くの場合、身体の不調は重力の影響で
背骨一つ一つに負担が加わり、
神経の機能が低下するからです。

カイロプラクティックでは神経の機能が
落ちている部位を「サブラクセーション」
と呼び、サブラクセーションを取り除く
ことを目的に施術を行います。

そのために、神経学・整形学検査、触診
など様々な方法を用い、神経機能が
落ちてしまっている部位を見つけ出し、
「アジャストメント」と呼ばれる
徒手による調整を行っているのです。

つまり、アジャストメントを行うことで
神経機能が正常化し、重力に負けない
背骨の状態を可能にします。

〜 カイロプラクティックの必要性 〜

地球上で生活する人間は、重力という
自然環境の関わりから逃げることは
できません。

そして、重力が存在する限り、どんな人でも
背骨には常に負荷がかかり、結果として
サブラクセーションが発生します。

カイロプラクティックケアを通して、重力が
作り出す身体の不調を取り除き、健康的な
生活を取り戻してみてはいかがでしょうか。

在宅ワークが身体と姿勢へ及ぼす影響2021.07.14

こんにちは、 院長 です。

新型コロナウイルス感染症への働き方改革から
在宅ワークへ生活が変わったと伺うことが
とても増えました。

座りっぱなしになりやすい在宅ワークは
1日の運動量が極端に減り神経の働きと
筋骨格系の機能障害を起こしやすくなりがち。



日本人は1日約7時間座っていると
言われ世界でもトップクラス。
さらに在宅ワークになってからは
生活の10時間以上座っていることも。

歩くことも自宅の中では少なくなり
運動量と共に関節面の柔軟性、
脊柱の可動性が減少するため
脳と身体を繋ぐ脊髄神経系、
自律神経系の働きも低下します。



デスクワーク姿勢を伴う仕事が
大半を締める現代では、
座りっぱなしの状態を助長し、
腰痛や肩こりという症状を抱える人が
多くなりがち。

近年、海外を中心とした腰痛と神経系に
及ぼす研究では、座り過ぎの姿勢が
病気の原因となることも指摘されています。

「座り過ぎは第二の喫煙」
という格言があります。
それだけデスクワークは身体の悪影響が
大きいということですね。

背中が丸くなることでの脊椎や骨盤が後傾斜
猫背傾向になるため、胸椎から腰部にかけて
重力の影響が椎間板と椎間関節へ障害を
引き起こしやすくなります。



そしてもう一つは、背骨は座る姿勢に関係なく
「座る」という行為だけで、立っているよりも
腰や背骨、骨盤への負担が大きくなるためです。

腰への負荷が立位のときに1とするならば

座位の姿勢は立位の1.4倍も腰へ負荷が掛かります。
(下記の表は姿勢によって椎間板への負担を示しています)



正しい姿勢で座っても腰への負担は、立位よりも
強くなりがち。その理由として、立位は足や膝などに
体重を分散できますが、座位は、それができず
腰や骨盤への負担が増加。

それにプラスして、前屈み(猫背)で座ると背骨に約3倍の
負担が掛かり、これが長時間続けば腰への負担は増加。
腰痛や肩こりを招く原因となることが想像できますね。

とはいっても、デスクワークをしないわけにはいきません。
そこでデスクワークの際に気をつけていただきたいのが、
体をなるべく一直線にすることです!

特に目印となる3点

・耳の穴
・肩
・太ももの付け根


が真っ直ぐであることが重要。

この3点が一直線に揃うと正しい姿勢となり、
体重を上手く分散できます。太ももの付け根は
「付け根の外側の骨」を意識してみてください。

この3点を意識的に作るには
・顎を軽く引く
・椅子に深く座る
・背もたれには背中を平行につける
・足の裏は床につける


これらも大事なポイントになります。



正しい姿勢をキープすると、背骨が理想的なカーブを
描きやすくなり、腰や背骨への負担を軽減。
最近ではデスクワーク姿勢を良くするための色々な
アイデアグッズも出ているので、それも効果的です。

ただし、慢性的に悪い姿勢が癖になっている人は
正しい姿勢を試みると最初は保つことに苦労します。

そんな時はカイロプラクティック・ケアを
お役立てください。脊柱を介して神経系・筋骨格系の
状態を整えることによって、良い姿勢を保ちやすい
身体を作る手助けができます。

デスクワークによる症状をお持ちの方は
お気軽にご相談ください。

 
   
関連する記事(当院のホームページ)

腰痛に対する科学的な研究報告とカイロプラクティックの有効性

とても重要なセルフドクター

 
カイロプラクティックの有効性と腰痛

何回ぐらい通うと良いのか?

座り姿勢がもたらす背中への影響

姿勢の重要性、背伸びはキレイな背骨を保つ

カイロプラクティックの有効性2021.07.05

こんにちは。 院長です。



 
カイロプラクティックは
どんな症状に有効がありますか??と
よく聞かれます。

 
 
◎ 多くの症状、病気などに有効!

カイロプラクティックの臨床では
様々な症状や病気、体調不良、
健康管理全般まで対象としています。



 
そのなかでも患者様の主訴として
一番多いのが「腰痛」、「肩こり」など
腰、肩、背中に関連する筋骨格系症状。

その次に不定愁訴と言われる自律神経系症状
「頭が重い」「イライラする」「 慢性疲労」
「睡眠障害」「眠りが浅い」「ストレス」
「なんとなく体調が悪い」などなど



強く主観的な多岐にわたる自覚症状や不調の
訴えがあるもののレントゲンや血液検査では
異常なしと診断される状態に対応可能。

 
 
◎ 神経系にアプローチをする
 「カイロプラクティック」


 
様々な主訴がある中で筋骨格系症状から
自律神経系症状まで、健康全般に関する
問題をカイロプラクターは介入します。



  
人間の身体は脳から手足の先まで神経に
よって命令が行われ、抹消で捉えた感覚を
さらに脳へ脊髄神経が仲介して伝える。



 
脊髄神経はとても柔らかく
繊細な組織であり
それを守っているのが「脊椎」



 
そうです私たちの
  「背骨」です!


 


  
脊髄神経は脊柱管という
頸椎から一番下の仙骨まで脊椎の
トンネルを通り身体の全てに
張り巡らされる神経ネットワーク。

脊椎はとても重要!

   
   
◎ 姿勢や脊椎の歪みが身体に影響

 
カイロプラクティックでは神経系に影響を
与えている脊椎の歪み、不正列を
「サブラクセーション」と定義しています。



風邪をひいたり、擦り傷、骨折など
身体に起こったことを自分自身で回復する
「自然治癒力」を人間は持っているのです。

 
脊髄神経系が最良な状態であれば
「自然治癒力」が最大に発揮され
病気や症状などを自己回復します。


   
  
◎ 現代社会は身体的、肉体的ストレスの連続

  
私たちが日々、生活をしていると起床〜食事〜
出勤(もしくは育児)〜夕飯〜睡眠 という
プロトコールがほぼ毎日続きます。

 


  
さらに環境的ストレス、人間関係などの
心身ストレスが神経系に悪影響を与え
「自然治癒力」を低下させてしまいがち。

   
◎ サブラクセーションを取り除く!
 
  
身体への影響、神経系への妨げ、悪影響である
サブラクセーションを取り除けば
あたなの生活は「健康に向かう」力を最大限に
発揮して、快適な人生を歩むこと可能。

   
カイロプラクティックは全ての人の
生き方や健康状態、生活環境にまで良変化を
もたらすことのできるのです。

何よりも健康状態が一番。
さくカイロプラクティックは
みなさんの健康を心より願っております。
 
 


  
  
   
関連する記事(当院のホームページ)
 
とても重要なセルフドクター
https://sakuchiro.com/archives/1232
  
 
カイロプラクティックの有効性と腰痛
https://sakuchiro.com/archives/1259
  
何回ぐらい通うと良いのか?
https://sakuchiro.com/archives/1265