都筑区の整体、センター南のカイロプラクティック【9年連続・治療院評価1位】|腰痛、肩こり など

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

開院時間:
月~土 9:00 ~ 19:30
日 9:00 ~ 17:15
休診日(第2、第4 火曜日)

お知らせ

慢性腰痛 (50代、女性)2016.03.01

◎問診
30代のころ、重い荷物を運ぶ仕事をしていたときから常に腰に重だるさ。
近年は同じ姿勢が20分以上続くと腰が痛く、次の動作まで5〜10秒かかる。

◎初診時の状態
・腰椎1番、2番、5番のサブラクセーションよる腰椎神経圧迫。
・腰部全体に筋疲労性萎縮(コリより強い筋肉の硬さ)

◎施術
腰椎の動作検査は左回旋と後屈に硬さと痛みを感じる。
浅層部の筋肉だけではなく、深層部も長年の腰痛の影響で萎縮が強く
サブラクセーションを取り除くのには周りの緩和も必要。

股関節、下肢の可動域減少を調整する関節モビリゼーションを取り入れる。

初診時は椎体が動きやすいように緩和操作を考え、
2回目以降はお身体の状態に合わせて関節モビリゼーションと
アジャストメントを組み合わせた神経圧迫をより良く取り除く
施術をおこないました。

◎施術後の説明とアドバイス
施術後の検査は、腰の左右回旋がスムーズに回るようになり
前屈の動作制限は少し残りました。

3回目の施術後は以前よりできるようになり、その後は来院されるごとに
生活の不具合が少なくなっていきました。

現在は2週間近く間隔をあけて体調管理と再発予防を考え、来院されています。
お風呂上がりに2種類のストレッチを取り入れてもらうよう勧め
少しずつ身体の柔軟性も回復されています。

経年の腰痛は椎体のズレだけではなく周辺に強固な筋肉の過緊張を
伴っていることが多くなりがち。
いかに関節可動をふやして腰だけが受け止めている圧力を逃がすかと
考えて整えました。
日常生活が以前より楽しくなったと仰って頂け嬉しく思います。