世界保健機関・WHO基準カイロプラクティック

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間 9:00 ~ 19:30
休診日 年末年始、お盆休み

お知らせ

症状は氷山の一角に過ぎない?2024.04.12

【症状が起きている部位=原因なのか?】

多くの方は腰痛、肩こりなどを感じた時、辛い場所や症状を感じる部位を揉んだり、ストレッチなどするのではないでしょうか。
そうすると一時的に辛い部分が楽になり、時間が経つと辛さを感じるということを繰り返していませんか。

肩こり、腰痛、背部痛、股関節や膝の痛みなど筋骨格系の症状、睡眠障害や慢性疲労、病院で異常なしと言われてしまう不定愁訴など自律神経系の不調を例えるならば、海上に見えている部分が全体の一部に過ぎない「氷山の一角」と類似します。



氷山の一角である海面に見える部分は、腰痛や肩こり、自律神経系の不調など身体に感じる自覚症状の1割程度であり、海面の下で目に見えない部分に残り9割の問題が原因として隠れています。

構造的なアライメント、神経系の機能障害、日常の姿勢、生活習慣、既往歴など、痛みや不調を感じる部位とは違うことが本当の原因である可能性が高いです。

これが、痛みや不調など症状が起きている場所にアプローチしても改善せず慢性化している理由です。

症状は単なる結果に過ぎず、そこに原因があるとは限りません。



【原因を正しく追及するために】

ご自身で症状の原因を見つけることは不可能ではありませんが、とても困難なことでると言えます。
例えば腰痛の場合、お一人おひとり生活環境や既往歴、骨格構造や神経系への影響は違うため、これとこれをすれば良くなるというプロトコルはありません。

正しく原因を見つけ出すためにカイロプラクティック、ピラティスへ来られた際は、どうぞ不具合を感じている部位や痛みの強さだけではなく、生活環境や既往歴などもお伝えください。

細やかな情報が原因を見つけ出すきっかけとなります。
どうぞお気軽にご相談ください。