世界保健機関・WHO基準カイロプラクティック

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間 9:00 ~ 19:30
休診日 年末年始、お盆休み

お知らせ

デスクワークによる腰痛2023.11.22

腰痛は多くの人々が悩んでいる症状であり
生活習慣病の1つとも言われ
2022年(令和4年) 厚生労働省が行った
自覚症状の状況を調べる国民生活基礎調査によると
「腰痛」は男女とも1位という調査報告がされています。

近年では、長時間のデスクワーク
パソコンやスマホの操作で前かがみになる不良姿勢
運動量の低下により腰痛も悪化傾向にあります。

みなさんもこんな姿勢をしていませんか?



座るだけでも立っている時より
腰や背骨、骨盤への負担が大きくかかります。

腰への負荷が立位のときに1とするならば
座位の姿勢では立位の1.4倍もの負担が腰にかかります。
更に座った状態で前傾するとその負担は約2倍にまで増えます。

その状態が長時間続けば腰への負担は増加し
腰痛などの症状を招く要因へと繋がります。

そこでデスクワーク時に
気をつけていただきたいポイントをご紹介します。

●背骨への負担をかかりにくくする座り方

・椅子に深く腰をかけ、あごを引き背筋を伸ばす
・骨盤を立て背筋をまっすぐ伸ばす
・膝と股関節の高さが平行になるようにする
・足裏は全体を床にぴったりくっつける



ただし、上記でご説明した姿勢をキープしても
慢性的に悪い姿勢が癖になっている人は
正しい姿勢を保つことに苦労します。

そんな時はカイロプラクティック・ケアをお役立てください。
脊柱を介して神経系・筋骨格系の状態を整えることによって
良い姿勢を保ちやすい身体を作る手助けができます。

デスクワークによる症状でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

参考文献
1.2022(令和4年)厚生労働省 国民生活基礎調査の概況
2.職場における腰痛予防対策指針及び解説(厚生労働省)