都筑区の整体、センター南のカイロプラクティック【9年連続・治療院評価1位】|腰痛、肩こり など

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

開院時間:
月~土 9:00 ~ 19:30
日 9:00 ~ 17:15
休診日(第2、第4 火曜日)

首、肩のこり 痛み

症状と原因

首、肩こりの原因は頸椎、胸椎のズレによる神経圧迫。
僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋など周辺筋肉の過剰緊張による血行不良。
歯の食いしばり、精神的ストレスなどがあります。

デスクワークが長く続いたり、スマートフォンの使用時間が長くなったりすると下を向く時間が長くなるため首、肩こりに繋がりやすくなります。

また、精神的な緊張状態が続くと無意識に肩が上がったままとなり、筋緊張も強くなりやすいです。

頸椎のズレには頭部や腕、手先へ繋がる神経が関わるため、頭痛や眼精疲労、めまいも症状に含まれます。

症例実例

症例報告 首、肩のコリ ストレートネック2019.06.21

◎来院者様の体調

学生の頃から頭痛はあったが、社会人に
なってから強さ・頻度がともに悪化している。
現在では週に4回ほど頭痛があり、
ほぼ毎日のように頭痛薬を服用。

整形外科では椎間板が薄くなっていることと、
ストレートネックであるために頭痛が
起きやすくなっていると伝えられる。

首〜肩のコリ感も慢性的に強いので、
それと一緒に改善したいと考えていらっしゃる。

都筑区の頭痛


◎検査および施術

・姿勢検査:巻き肩で猫背が強い
・運動習慣:なし
・肩関節の可動域:右肩挙上150°で痛み
・頚部の触診:頚椎2番に動きの制限あり

検査所見より、頭痛に影響している
頚椎に対する調整(アジャストメント)と、
首〜肩に負担をかけやすくなっている
上部の胸椎に対するアプローチも行なった。



◎治療経過

2回目の来院時には、頭痛の回数が半減し
薬も一週間で1度しか飲まないで過ごせた。
良い変化が出ているのでこのまま継続して
一週間ごとの来院を進めました。

3〜5回目の来院時には、頭痛はたまにあるが
以前よりも軽くなったため薬も飲まずに
過ごす事が出来るようなっています。

6回目には、一週間で頭痛もなく
楽に過ごせるように。
ケアを行うと頭痛を妨げる事が
できることに気づき、現在では三週間に一度
メンテナンスとして来院されている。

◎担当/倉知 コメント

首〜肩こりで来院される方の中には病院で
「ストレートネック」と診断され、もう改善されない
と思っている方も多くいます。



しかしこれは大きな勘違いであり、
そもそもストレートネックだから
首肩こりがあるのではなく、

デスクワークなどの不良姿勢が原因で
首肩こりが慢性化し「ストレートネック」
になっているケースがほとんどです。

したがって良い姿勢が取れるように
カイロプラクティックケアを行えば
病院で「ストレートネック」と言われても
首〜肩こりや頭痛の症状を改善することは
十分に可能です。

「ストレートネック」だからと諦めずに
どうぞ一度ご相談ください。

 
   
関連する記事(当院のホームページ)

腰痛に対する科学的な研究報告とカイロプラクティックの有効性

とても重要なセルフドクター

 
カイロプラクティックの有効性と腰痛

何回ぐらい通うと良いのか?

座り姿勢がもたらす背中への影響

姿勢の重要性、背伸びはキレイな背骨を保つ

症例報告 左肩の重だるさ、痛み(50代 女性)2018.11.09

症例報告
左肩の重だるさ、痛み  50代(女性)

◎来院者様の体調

経理のお仕事を長くやって来られ、数年ほど前より
特に思い当たる事もなく左肩が重く、時に鋭い痛みが出るようになった。

病院にて軽い頸椎症と診断され、レントゲン、MRI撮るも特に異常なく、
理学療法に数ヶ月通院するも、改善見られなかった。
ここ2年ぐらいは、痛みで夜眠れない時もあり、痛み止めも服用している。

◎検査および施術

筋力検査行うと、左三角筋の弱化が診られ、力を加えると痛みが出た。
可動検査では、自動運動にて頸椎を伸展させると、左肩の症状が強くなり、
頸部触診行うと、頸椎5番のサブラクセーションを確認。
上部〜中部にかけての胸椎と肩甲骨の可動性の減少も診られた。

検査結果より、左肩の重だるさ、痛みの直接的な原因と考え、
頸椎に対してのアジャストメントと、頸椎に負担をかける原因となる
胸椎、肩甲骨の可動性減少に対するアプローチを行った。

◎説明・アドバイス

初回の施術後から、今までにない肩の軽さを感じるなど、
良い変化が見られたため、2、3回目と1週間以内の来院を勧めた。
また施術とは別に家庭でできるアクティブケアとして、タオルを使用しての
肩甲骨ストレッチも行っていただくように伝える。

その結果、3回目施術終了後には鋭い痛みを感じることがなくなり、
痛み止めを服用する事もなくなるまでに回復。
現在は、メンテナンスとして定期的にご来院いただいている。

症例報告 首、肩、背中の慢性的な重だるさ 30代男性  2018.05.12

首、肩、背中の慢性的な重だるさ  30代男性

◎来院者様の体調

   10年ほど前から首、肩、背中の重だるさを感じ、
   年末の忙しさのあとから辛さが増している。
   特に左首と肩甲骨周辺の辛さが強い。

   首、肩を動かしての痛みは無いが
   スムーズに動かないような可動性に硬さを感じる。

   起床時とデスクワーク中に可動性の硬さを
   感じることが多くなりがち。

◎初診時の症状
  
  ・頸椎6番 サブラクセーション(脊椎分節機能障害)
  ・胸椎5、6番 サブラクセーション(脊椎分節機能障害)

◎検査および施術
  
  動作検査、可動検査にて首の左右回旋、後屈にて
  頚部の筋緊張と可動制限がありました。

  施術は全体の筋緊張を緩和できるように施しつつ
  頚椎のサブラクセーションを取り除く調整を
  行いました。

  再度動作検査を行ったところ可動制限が減り、
  身体全体の緊張感も緩んだそうです。

整体 都筑区 センター南

◎説明・アドバイス

  身体の良変化を保ちやすくさせるために
  次回の来院は5日以内にお勧めしました。

  2回目は3日後にご来院いただき
  治療後の感覚は今までに無いほど
  首から背中が軽く感じて楽になったとの
  コメントをいただきました。

 

  お仕事中やご自宅にてできるストレッチをお伝えしました。

  

  カイロプラクティック・ケアと一緒に
  ご自身でのセルフケアを行いつつ
  現在も定期的な治療へご来院いただいています。

慢性的な肩こりと背中の痛み。 40代 女性2016.05.18

慢性的な肩こりと背中の痛み。 40代 女性

◎ 問診

20代の頃から肩こりはあり。
日によって肩こりの強い日と弱い日があったが
2週間前から背中に重苦しい痛みを感じ始め
デスクワーク中に辛い。
通勤時や動いているときは痛みを忘れるとのこと。

◎ 視診、動作検査、触診

首の左右回旋にて左側回すと背中へ痛み。
左腕の挙上にて僧帽筋、小円筋の緊張を感じる。
頸椎5番6番、胸椎2番3番サブラクセーション(神経伝達を阻害する椎体の不整列)

◎施術

頚部から脊柱起立筋を中心に過緊張筋膜を緩和操作し
サブラクセーションを起こしている椎体へ
アジャストメント(不整列部分の調整)を行いました。

関節可動制限を起こしている部分へは
関節モビリゼーションを行い、過緊張部の緩和。

施術後の検査は身体が軽く感じるほど動作制限が減り
頚椎の可動範囲が増えました。

施術間隔は、できるだけ戻らないようにするため翌日、3日後
7日後、13日後と施術をしました。

4回目の施術後、日常生活の倦怠感はかなり改善されたそうです。

全体のバランスを調整しつつ、今では以前のような
全身の硬さやコリを感じずに生活ができるそうです。

◎ 説明、生活改善のアドバイス

パソコンを1日中使用し、デスクから立ち上がることも少ないと毎日の
生活改善として、40分以上座る時は一度立ち上がるようにお勧めました。

トイレや休憩室など1分ほど歩くと腰、肩、背中の硬くなった筋肉が
弛みやすくなります。

お風呂上がりのストレッチを3種類、お伝えしました。

首・肩のこり、痛み(20代女性)2016.03.01

◎来院者様の体調
1年前から特に強く肩こりを感じながら生活をされていた。
疲労がたまったときや天気の悪さによってズキズキする強い頭痛が伴うとのこと。

◎初診時の症状
・頸椎2番、6番、7番のズレ(サブラクセーション)
・腰椎1番、2番のズレ(サブラクセーション)
・骨盤のズレ、歪みもある

◎施術
動作検査では、痛みや筋肉が張っている感覚などの違和感はなく、
動かしづらい動作などもありませんでした。
サブラクセーションを取り除くアジャストメントの前と後に筋肉の緊張を緩和するため、
上肢中心のマニュピレーションと下肢中心のマニュピレーションを分けて行いました。

アジャスト後に肩の動きに深く関わる大胸筋へのアプローチと、頸椎の微調整を再度行ったことで、
施術前に比べるとさらに肩が軽いと感じられていました。

◎説明・アドバイス
頸椎1番と2番の周辺は筋肉の萎縮が強く、頭痛や肩こりを引き起こしやすいため、
2回目の施術は間隔を詰めることを勧め、5日後に施術をしました。
2回目の施術以降、肩こりや頭痛が辛い日は減少し、楽に過ごせる日が増えたと仰られました。

数回の施術後にストレートネックを気にされていたため、背伸びストレッチとタオルを使用するストレッチをご説明し、ちょっとした空き時間に取り入れることをお勧めしました。

お困りの症状
脊椎と神経系機能の関わり
首、肩のこり 痛み
慢性腰痛、坐骨神経痛
ぎっくり腰(急性腰痛)
背中の痛み、だるさ
腕、手先のしびれ
骨盤矯正、産後の骨盤矯正
自律神経失調症、慢性疲労
その他の症状