都筑区で整体をお探しなら地域満足度NO1のさくカイロプラクティックへ!|腰痛

さくカイロプラクティック

ENGLISH SITE
ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

開院時間:
月~土 9:00 ~ 19:30
日 9:00 ~ 17:15
休診日(第2、第4 火曜日)

お知らせ

インタネット予約、3日(火)メンテナンス2018.12.03

3日(火)ご予約のお知らせ

倉知 先生 お受けできます
作田 院長   休診日

インターネット予約 メンテナンスの為
3日(火)10:30〜12:30 まで
ご利用できません。

上記の時間帯は お電話にて
ご予約お願いいたします。

さくカイロプラクティック
045-942-5080(予約制)

症例報告 骨盤矯正、身体のバランス調整(20代、女性)2018.11.24

◎問診、初診時の状態
ご自身の立ち姿を鏡で見ると左肩が下がり気味に見え
日常生活では猫背になりやすいとのこと。
 ダンスをされているときバランスの悪さを感じる。

◎施術
骨盤矯正の左右バランスを調整
股関節の可動性減少が見受けた箇所を修正し
 正常な動きができるようにしました。

◎施術後の検査とアドバイス
両足が地面にしっかりと着いて、背が伸びたように感じるほど
真っすぐに立てるようになってもらえました。

数回の施術の後、ご自宅でできるストレッチにて体調を保ちつつ
バランスの悪さを感じるときには随時、来院して頂くように
お伝えしました。、

初めて来院されたときとは別人のような立ち姿がきれいに
なってもらえとても嬉しいです。

インターネット予約 24時間できます。2018.11.23

24時間、インターネット予約ページから
ご予約お受けできます。 どうぞご利用ください。



ご登録済みの ご来院者さまは
予約画面へおすすみください。

インターネット予約をご利用にあたり
必要事項をご入力お願いいたします。




入力後、登録されたメールアドレスへ
インターネット予約専用のID と パスワードを
返信致します。

初めてご来院される新患者さまは
現在、倉知先生が担当しております。
作田院長は再診の患者さまのみ施術を行っております。
ご紹介者さまがいらっしゃる場合のみお受けします


作田院長・倉知先生の担当希望も
予約画面にてご指名いただけます。

さらに便利になったインターネット予約を
ぜひご利用ください。

◎ インターネット予約のご注意点 ◎

・ご予約のキャンセルは電話にてお願いします。
  電話 045-942-5080

症例報告 慢性腰痛、腰の痛みと重だるさ(50代 男性)2018.11.17

慢性腰痛、3ヶ月前から普段以上に強い痛み (50代 男性)

◎来院者様の体調

   1年前から慢性的な腰痛。
   来院される3ヶ月程前から痛みが強くなり、
   病院でレントゲンとMRIを撮ったが特に問題ないと診断された。
   
   長時間立ち続けたり、歩くと痛みが特に強くなる。

   一昨日、徹夜で仕事をしたところ、昨日から座っているだけでも痛みがあり
   腰が痛むと右足全体にしびれが広がるようになった。

◎ 検査および施術
  
  動作検査
  腰部後屈、腰仙部に痛みを感じる。
  腰部右回旋、右腰部へ硬さと痛みを感じる。

  脊椎アジャストメントにてサブラクセーションを調整
  
  関節モビリゼーションにて腰部の回旋、前後屈を修正するように
  股関節関連筋、靭帯の緩和操作。
  大腰筋、腸骨筋へモビリゼーションを行いました。

  施術後
  腰の痛みが軽減し、身体の回旋、前後屈も柔軟性が上がりました。

◎説明・アドバイス

  全体の過緊張と歪みが強く、不具合の戻りやすさが考えられたため、
  間隔を詰めた施術をお勧めしました。
  3〜4日ごとに施術を行い、4回目の施術後は日常生活の痛みが
  ほぼ無く過ごしていただけました。

  現在は月に1、2回メンテナンスのためにご来院されており、
  日常生活ではほとんど腰痛を気にせず生活されています。

   

症例報告 自律神経系の乱れ、からだの不調(40代 女性)2018.11.16

自律神経系の乱れ、からだの不調 40代(女性)

◎来院者様の体調

半年前から首から腰まで体全体の重だるさが続いている。
デスクワーク中に集中力が上がりづらい。
就寝時に眠さはあるが、なかなか寝付けない。

内科、整形外科、心療内科を受診。
レントゲン、MRIなど検査を行ったが異常なし。
この半年間は筋肉弛緩剤、睡眠薬など数種類の薬を
常用しないと体がつらい。

◎検査および施術
  
各種検査にて上部頚椎のサブラクセーションおよび
頚椎の可動制限が見受けられる。頚部から背部の筋緊張あり。
各検査を照らし合わせ、椎骨動脈や循環系の異常は見受けず、
椎間関節および分節部位に神経圧迫から由来した、
頚椎の神経障害と推察し、上部頚椎へのアプローチを
行いました。

◎説明・アドバイス

治療前の不調と身体のだるさが緩和しました。
頭痛と目尻の痙攣など日中におこりやすい状態も
3回目の治療後には無くなり、現在はとても体調良く
予防と健康管理にご来院されていらっしゃいます。

アドバイスとして
デスクワーク、特にパソコン作業は30分ごとに
立ち上がるか1分ほど歩いてもらい、
背伸びを30秒行うことによって同じ姿勢による
骨格筋、脊柱への負担を減らしてみることを
お伝えしました。