都筑区、整体、カイロプラクティック は センター南の さくカイロプラクティック

さくカイロプラクティック

ご予約はこちらまで
045-942-5080

当院は予約制になっております、お電話でご予約ください

受付時間:
月・水~土 9:30~19:30
日 9:30~17:00
火・祝日休診

自律神経失調症、慢性疲労

症状と原因

自律神経失調症
自律神経には交感神経(活動、緊張)と副交感神経(休息、緩和)の二種類が存在しそれぞれが身体的状況に合わせて異なった働きをする。

交感神経
血圧を上げる、脈拍が速くなる、発汗、呼吸運動の促進 など

副交感神経
血圧を下げる、脈拍が遅くなる、発汗の低下、呼吸運動の抑制 など

脳から身体の各部へ連結する自律神経が正常に働いている状態は緊張と緩和がバランスよく調和され、生活環境に合った体調を保つことが可能。

自律神経系の乱れの原因は、からだ全体の歪み、過度のストレス、過労による筋緊張、天候(特に曇り~雨など低気圧に変わるとき)など 自律神経を乱す要因は様々。

体感の症状は疲労、不眠症、耳鳴り、頭痛、めまい、倦怠感、生理不順、肩こり、腰痛、背部痛、手足のしびれ、免疫力の低下、対人関係の恐怖 など

カイロプラクティックのアプローチは自律神経にとって重要な箇所の脊椎、頭蓋骨直下にある上部頸椎からお尻の真ん中部分にある脊椎の末端部、骨盤から仙骨までを正しく整え、脳から各箇所へ正常な神経伝達ができるように調整する必要があります。

同時に過緊張している筋肉部は緩めることにより正しい骨格を緊張感のない柔らかい筋肉で包み込めるようにしからだ全体の調和をおこないます。

 

慢性疲労
朝、目が覚めても疲れが抜けない、からだがスッキリしない、少し動くと疲れる毎日、倦怠感が続いている。頭がぼーっとしている。など感じ方は様々。

内科、外科、整形外科などあらゆる検査をしてみても「異常なし」の診断。
症状のつかない不定愁訴と言われる。 そんなことありませんか?

疲労回復には睡眠と休息が重要な要素。
過労による身体の酷使、ストレス、睡眠不足など生活環境を変えるのが理想ですが仕事の兼ね合いやお子様の育児など変えられない環境もあります。

そんなときこそ身体の根幹を整えて疲労回復しやすい体調作りをすることです。疲労はからだが発信している重要なシグナル。蓄積させると肩こり、腰痛だけではなく急性の痛み、ぎっくり腰、寝違え。時には内臓疾患を誘発させてしまうこともある。

背骨と骨盤の歪み、起立筋郡を中心とした体幹の筋肉過緊張を緩和。
同時に良い睡眠ができるように自律神経系のバランスを整える。

誰もが自ら持ち得る自然治癒力を高めて疲労の蓄積しにくく疲労が掛かっても身体で自己処理できる体調へ改善していきます。

症例実例

自律神経失調症、慢性疲労(10代男性) 2017.01.28

◎来院者様の体調
・4年程前から起床時の不快感
 吐き気、頭痛、めまいなど
 からだを動かすことが辛い

MRI、CT、血液検査1年前に受診、異常なし。
毎年10月になると調子が悪くなるとのこと。

◎初診時の症状
・頸椎1、2番の硬さ、ズレ(サブラクセーション)強い
・骨盤のズレ、歪みもあり
・カラダ全体の硬さ、緊張感強い

◎施術
カラダ全体の硬さが強いため、マニュピレーションにより
筋肉の萎縮を取り除きました。

サブラクセーションを取り除くアジャストメントを行い
神経圧迫を取り除きました。

◎説明、アドバイス
間隔を詰めた施術をお勧めし、翌日、3日後、5日後と施術しました。
施術1~2回目までは大きな変化は現れなかったが
3回目の施術後に少しスッキリした感覚で始める。
3回目の施術の翌朝では気持ち悪さなく、スッキリと起床できたとのこと。

その後、日によって体調の変化あるが施術間隔を保ちつつ
施術8回目あたりから間隔を1週間ぬ空け、様子をみたが体調良く過ごせたとのこと。

その後1~2ヶ月の間隔で体調を整えています。

(アドバイス)
同じ姿勢が続くことが多くなりそうな時は
軽くストレッチをしてカラダ全体を動かしてみると良い。

自律神経失調症  50代 女性2016.03.01

◎問診
2年前からご両親の介護に携わるようになり
慢性的な疲労と精神的なストレスを感じ続けていたそうです。

来院時はとても体調が悪くフラフラとしてよろめいてしまうような
感じを見受けられました。
病院も受診され1年前から薬を飲んでいるが体調が回復しない。

初診時の状態
自律神経系の乱れから様々なご症状を感じていらっしゃいました。
疲労、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、多汗、手足の冷え、緊張感 など

すべてを一気に解消するのは身体への負担が強く
最初の5回は施術部位を分けて、先ずは自ら持つ「自然治癒力」を
高められるように施術を行いました。

◎施術
からだの歪み、サブラクセーションを取り除くのは大前提ではありますが、
ご来院された時は日常の介護のストレス、疲労を少しでも忘れられるように
ゆっくりとリラックスをして施術を受けて頂けるように
スタッフ一同心がけました。

カイロプラクティックの技術、施術の方法が大切ではありますが
先ずはご来院者さまの生活環境とお身体の状態を考えて
院内の環境と取り組み方を考えるようにおこないました。

◎説明、生活改善のアドバイス
身体のバランスを整え、自律神経系の乱れが少なくなってくるのが
ご自身で手に取るように分かったそうです。
疲れにくく、睡眠時間が増え、手足が温かく感じる、ストレスが減った。

ご来院される度に元気になっていかれる姿は施術者として
大変嬉しく感じました。
現在は3週間の間隔を開けて来院されていらっしゃいます。

カイロプラクティックは自然治癒力を高め、薬や予防接種などに頼らず
自ら持つ力を引き出す最高の自然療法。
来院者さまのように自律神経系の乱れから生活の不調を感じられる方に
適している施術法です。

どうぞ体調の不具合はお気軽にご相談ください。

慢性疲労2016.03.01

◎問診
6か月前から急激にお仕事が出張が忙しく、出張が多い。
デスクワークが長く、残業が続く日々を過ごされていたとのこと。

睡眠しても疲れが取れず、朝から肩こり腰のだるさがあり
忙しさと共に痛みに変わることもあり。
3週間前から倦怠感が強く集中できない状態が続いている。

◎初診時の状態
からだ全体に疲労とストレスによる筋肉の過緊張があり
サブラクセーションが点在。
先ずは良い睡眠ができるように上部頸椎のズレ、仙骨のバランスを調整し
自然治癒力を高めるよう調整。

◎施術
患者さまと施術計画をご相談し、先ずは短期集中の体調の回復。
自然治癒力が上がってきてから更なる体調の改善をできるように
ご説明しました。

施術間隔は、できるだけ戻らないようにするため翌日、4日後
一週間後、10日後と施術をしました。

3回目の施術後、日常生活の倦怠感はかなり改善されたそうです。

少しずつ施術間隔をあけていき、全体のバランスを調整しつつ
現在は、以前のような全身の硬さやコリを感じずに生活が
できるそうです。

◎説明、生活改善のアドバイス
デスクワークにて40分以上座る時は立ち上がって少し歩いたり
背伸びをしてみるように勧めました。
とても単純なことではありますが効果はとてもありました。

40分ごと1分ほど歩くと腰、肩、背中の硬くなった筋肉が
弛みやすくなり同じ姿勢を持続する疲労の蓄積がしにくくなります。

現在は初めてご来院されたときとは見違えるほど体調良く、
顔色や手足の血色も非常に良いと喜んで頂いております。

お困りの症状
脊椎、骨格の歪みとズレ
首、肩のこり 痛み
慢性腰痛、坐骨神経痛
ぎっくり腰(急性腰痛)
背中の痛み、だるさ
腕、手先のしびれ
骨盤矯正、産後の骨盤矯正
自律神経失調症、慢性疲労
その他の症状
http://sakuchiro.com/wp/wp-content/uploads/blog.jpg